ボイストレーニング、自己練習の注意点

ボイストレーニングを先生について勉強している人もそうでない人も、家で練習する事は多いのではないでしょうか。でもこの「自主練習」少し方向性を間違えるととても危険な事は知らされていません。カラオケなんかに行くと、音痴な人が悦に入って歌っている姿を良く見かけますね。要は自分で自分を客観的に見れていない良い(悪いとも言います)例です。そして「正しい事を会得するには時間がかかるが悪癖はつきやすく、そして治しにくい」これがボイストレーニングです。レッスンで先生に指導してもらうと、グングン声が伸びるのに自主練をすると喉が痛くなったりする事がよくあります。これはまず自分の声を録音する事で半分は改善できます。でも一番いいのは、常にニュートラルな状態でレッスンに行く事です。実際に声を出して歌うのだけが自主練ではありません、曲想をつけたり、発音の練習をしたり。逆にこれらの事を自主練でやっておくと、レッスンでは発声に集中出来てよいですよ。伸び悩んでいる方は一度試してください。

ボイストレーニングの需要

頻繁にカラオケに通って全力で歌うのでも声量を鍛えられますが、どこかでつまづいてしまうことは十分に考えられ、資金があるのならボイストレーニングを実践してみた方がより効果的に歌が上手になります。しかし、どちらの手段にも言えるのが、継続しないと意味がないということです。間隔を少し空けるだけでも、慣れ始めたあたりならすぐに覚えたことが頭から抜けていってしまいます。継続していくためには、どうやって意識を高めていくかが重要になってきます。ライバルを探すのもナイスアイデアです。出来れば始める前にそのことも考えておけば、後々困らないですよ。ボイストレーニングをきちんとした手順を踏みながら進めて、周辺環境も良好に保っていけば、歌が楽しく歌えて、仲間と楽しめる明るい未来がきっと待っていますよ。でも、思っていても行動に移さないと始まりません。

ボイストレーニングを始めよう

ボイストレーニングは専門の人が指導してくれると明確な効果が期待出来ます。ちゃんとしたカリキュラムが組まれますが、習う自分自身も目標を持って取り組むことが、さらに高い効果を実現させるために大切なことです。意識するとしないのでは差が生じます。やるからには全力で取り組まないと、仮に習っているとしたらそれにかかる費用が勿体無いです。途中で放置するのも今まで努力した分が無駄になってしまうので、どうしても外せない用があってボイストレーニングに時間を割けないとか以外なら、極力毎日何かしらの形で続けていった方が良いです。効果が出るまでは時間がかかります。すぐに効果が出る方法はほとんどないと言っても過言ではありません。特別な才能がない限りは、努力なしには絶対に上手くなりません。ボイストレーニングを始めたいなら、まずは自分のスケジュールを考えて無理なく地道に続けてみるのも安定しやすいですよ。

スキルチェックやボイトレ体験が会員価格で受けられます! 全国の歌好きさんが対象です。もちろんプロを目指す人も大歓迎です カラオケ得点法や、オーディションに受かるコツなど、ソニーにならでは「SPECIAL LESSON」も配信中!新春!ウェブスキルチェック開催します! オーディション情報も随時更新中なので、是非ご確認ください。 ソニーミュージックスタッフがあなたにアドバイス! ボイストレーニングはオンラインで始めよう